無料
エロ
動画

TKO's Video Review

 
 

公衆便所クライシス(君嶋もえ)

  1. 18:57:56
「使い捨てM奴隷」に引き続きボロボロにされてしまう【もえ】。

説明
「今日は何も教えてもらえずに何もわからずに来ています」という【もえ】。
「頑張ります!」と笑顔だが、どうなっていくやら...。
で「今日のキミは公衆便所だ。私はキミのことをオマエと呼ぶ」と宣告され、
一気にドヨ〜ンとした雰囲気に。
「さらに今日・明日はオマエの便所はコレだ」と犬猫トイレを与えられ、さらにダークに。

アナルフェチ
アナル舐めされることが大好きな男に奉仕。最中にアナルバイブ挿されて悲鳴上げる【もえ】。
アナルパール入れられながらフェラ抜き口内発射にてごっくん。
見所は顔の上に尻を乗せられオエッとなってるところか。
kbc1_01.jpg
kbc1_02.jpg

接吻・唾液フェチ
唾液を飲ますことが大好きな男に奉仕。「唾液を飲ませてください」と言わされ...。
これってなー...。女の子にとってはかなりショックだと思うぞー。
エッチやフェラは大丈夫だけどキスだけはイヤ!って女の子は世の中多いからね。
最後はフェラ抜き口内発射でごっくん。
kbc1_03.jpg

クンニリングスフェチ
やっと【もえ】にも快楽が!と思いきやクンニ最中に熱蝋責め...。
(面接時に「蝋燭大丈夫!」と答えたばっかりに...)
しかし、69体勢での尻への責めは下にいる男にも被害が...大変だなぁ。
ここでも口内発射でごっくん(量が少ない!)。
kbc1_04.jpg

フェラ5人抜き
「ザーメンを20cc以上搾り出せ!」との命令で連続フェラ抜き開始。
表情は余裕綽々なんですが、3人抜いたところで10ccくらい。しかも2時間経過。
頑張って5人20cc出したのを「公衆便所らしく処理しろ!」というわけでまとめてごっくん。
このシーン、男優がヤクザっぽくて雰囲気がイイ。
kbc1_05.jpg
kbc1_06.jpg

シャワー
犬猫トイレでオシッコしたあとは、シャワーを浴びる許可を貰うが当然普通でなくて、
汁男優が2人乱入。2連続に口に出されてごっくん。
kbc1_07.jpg

おもちゃ
「みなさんのおもちゃになりに来ました」と言わされ、ムーディーズ友の会21名が拍手。
でGANGBANGに。結構な迫力です。
ガンガンハメられて顔射されたりごっくんさせられたり...。
ほんと女の快楽なんて知らん!的やりまくりシーン。
kbc1_08.jpg
kbc1_09.jpg

公衆便女
おめかしして登場。しかし、「時間がもったいねぇんだよ!」と言われすぐにカラミ。
「汚ねぇマン汁」とか「この公衆便所が!」とか罵られて号泣セックス。
5人の男優に休む間もなくハメられザーメンかけられ飲まされ終了〜。もうズタボロです。
kbc1_10.jpg
kbc1_11.jpg

ぶっかけ
ハメられながら30人くらいの男たちのザーメンを浴びるという企画。
まずは男優のチンポをフェラ&イラマチオ。すげー苦しそう。
すぐハメになるけど、見所ではあるでしょう。
ぶっかけ開始ですが、冒頭で「目や耳に入るかもな!」と脅しがあったので、
SODの極悪非道みたいなノリになるかと思ったんだけど...ハメ男優がイロイロと
耳に入るようにとか誘導するが汁男優たちは顔にかけるのがやっとの模様。
そういう点ではSODのほうが教育できてるなと思った。(単に鬼畜なだけかも...)
あ、でも髪の毛ぶっかけは結構見所。すごい発射する人が一人いますよ!
最後は開口マスク付けさせられて強制浴尿、号泣して終了。
kbc1_12.jpg
kbc1_13.jpg
kbc1_14.jpg

「使い捨てM奴隷」のときよりさらに使い捨て扱い。
「使い捨て〜」はまだまだ女優自身も感じまくってる風な点もあったんですが、
今回は容赦なし。それなりに乳首勃起してるときもありましたけど。
でも笠木忍や小泉キラリほどではないですがイジメテ光線は出しまくりです。
まあ、イジメたくなるのもわかる気も。結構加虐心をくすぐる女優。
ワイルドサイドとかも鬼畜だけど、女優の心の準備が出来てない分コッチの方が鬼畜。

抜け度=★★★★☆

トラックバック (-)     コメント 0
 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
レースクイーンザーメン奴隷2(渡瀬晶)
レースクイーンザーメン奴隷2(渡瀬晶)
ホームへ
ホーム
極悪非道なザーメンマニアの勝手なリクエストに姫咲しゅりとゆりあが悲痛な叫びの後にとびきりの笑顔でお応えしました! Vol.1
極悪非道なザーメンマニアの勝手なリクエストに姫咲しゅりとゆりあが悲痛な叫びの後にとびきりの笑顔でお応えしました! Vol.1

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

close